IT技術は様々な業界の発展に貢献しており、私たちの生活をさらに豊かにしてくれています。システムの利便性が向上したりコストパフォーマンスが向上するだけでなく、事故率の減少や人命の救助など幅広く活躍しています。そんな各企業で活躍しているIT技術をいくつかピックアップして紹介するので、ぜひITの可能性に触れてみてください。

光回線は様々な業界に貢献した

光回線の普及によって、多くの人々が更なる利便性を獲得し、様々な選択肢を持つことができるようになりました。
光回線は通信業界を中心に多大な貢献をしていますが、通信性能の向上は、他のさまざまな業界にも大きな影響をもたらしました。
情報化社会ですから、通信性能がもたらす各業界への影響は非常に大きなものとなります。
光通信のメリットを受けている業界は多岐にわたります。

インターネットサービスを利用する女性光回線は通信業界に劇的な変化をもたらしました。
NTTの持つ電話回線を使ったADSLで、インターネットはかなり普及していましたが、光回線を使った光インターネットの速度は格段に速く、それにより、新たな数々のサービスも可能になりました。
光回線で使われている光ファイバーなら、電話線よりも非常に多くのデータを高速で送信できます。
そのため、ビデオオンデマンドも可能になり、光回線を使った光電話も安価で利用できるようになりました。

テレビ局などが制作する番組を視聴するには、放送時に視聴するか録画するか、もしくは後日ビデオテープやDVDなどで販売されたものを購入するかしかありませんでした。
しかし、光ファイバーを利用することで、テレビ局から番組を個人向けに送信することができるようになっています。
個人は好きな時間に番組を受信することができます。
視聴者はテレビ局の放送スケジュールやコンテンツ販売の有無を気にかける必要がなくなり、リクエストすればいつでも見たい番組を自分向けに送信させることができるようになりました。
これは以前では考えられなかったことです。

光回線では送信できるデータ量が膨大であるため、電話線としても使えます。
光回線を使った光電話は、NTTの電話回線を使った固定電話よりも安い料金で利用できます。
通話料が全国一律であるため、長距離電話も気にせずにかけられるようになりました。
これも画期的なことです。

光回線が使われるようになる前は、インターネット通信には電話回線か携帯電話回線が利用されていました。
格段に速い通信速度が出る光回線は、全国的に利用できるのはフレッツ光だけという状態が続いています。
料金は高止まりしていましたが、光コラボの開始によって、ドコモ光やソフトバンク光などの選択肢ができ、料金も下がりつつあります。
光コラボには利用可能なエリアが制限されていることもあるので、ドコモ光やソフトバンク光のエリアに対応しているかを事前に調べてみましょう。
NTTとは別の光回線を持つKDDIのauひかりも提供エリアが拡大し、全国展開するようになってきています。
フレッツ光一択だった地域にも競争が生まれ、今後は料金低下も進むでしょうから、光インターネットの普及はますます進みそうです。

関連記事
この記事をシェアする