IT技術は様々な業界の発展に貢献しており、私たちの生活をさらに豊かにしてくれています。システムの利便性が向上したりコストパフォーマンスが向上するだけでなく、事故率の減少や人命の救助など幅広く活躍しています。そんな各企業で活躍しているIT技術をいくつかピックアップして紹介するので、ぜひITの可能性に触れてみてください。

広告業界はデジタルサイネージを注目!

広告業界で今最も耳にする単語といえばデジタルサイネージでしょう。
デジタルサイネージとは今までと異なるペーパレスの広告です。
従来の用紙に広告画像を出力するのではなく電子パネルに画像を出力することで今までにないほどの豊富な情報を掲載できるようになりました。
パネルには動的な広告を掲載することも可能です。
画面の切り換えなどできるので1画面目、2画面目と次々と絵柄を変化し目立つ広告を打つことができます。
現在すでに都市部の駅構内や繁華街の看板、広告、CMなどで利用されており変わったところでは結婚式や披露宴の演出、ブランドのキャンペーンなどにも使用されています。

このようにデジタルサイネージはいわば電子看板として利用されていることが多く近年はディスプレイ業界でもデジタルサイネージ用の画像ディスプレイが製造されるなど、今後の広告業界は無視できない存在となりつつあります。
ペーパレスという点も環境に優しく、ひとつの画面を用意するだけで豊富な情報を掲載できるという面はお店にとって大変有利です。
動的な情報を掲載できれば非常にわかりやすいCMになりますし、数ある看板や広告の中でも目立ちます。

良いことばかりに見えるデジタルサイネージですが導入の際に問題になりやすいのは費用面です。
新しい分野ということでデジタルサイネージのサービスを提供する会社にもそれぞれ差異があります。
現段階では導入費用は一律とはいえず、導入後にはランニングコストもかかるので導入の際には慎重に検討しなければなりません。

デジタルサイネージをどこで使用したいか、期間はどのくらいで使用するか、使用する際の機材のクオリティはどうするかなど細かい点での打ち合わせやチェックをした上で取り入れるべきです。
導入したとしても活用できない、トラブルが多く故障しやすいなどのトラブルがあってはデジタルサイネージの効果を発揮することができません。

近年はデジタルサイネージの中でもタッチパネル型や画像が美しい高輝度ビジョン型などが用いられるようになりました。
自社の目的にかなった広告を効果的に流すためには綿密なデジタルサイネージの運用方法を考える必要があります。
デジタルサイネージに関しては専門のサービス会社がありメールや電話などで問い合わせすることも可能です。
わからない点や不明である点は全てクリアした上でデジタルサイネージを取り入れましょう。
ディスプレイの補償やメーカー、運用時間などによっても価格は上下します。
コスト面でも考える必要があることも頭に入れておくべきです。

関連記事
この記事をシェアする